日本の開発技術

日本の開発技術 · 26日 6月 2020
京都大学はユニクロ柳井会長個人から本庶氏と山中氏が取り組む研究に対して総額100億円の寄付を受け入れる旨を発表しました。世界的なカジュアル衣料製造・販売を手掛けるユニクロ会長柳井氏個人の熱い思いを本庶、山中氏同席で記者会見が開かれました。

日本の開発技術 · 22日 4月 2020
特殊塗料とLEDを使った下地用パテが日本の技術として開発されています。 塗装・クロスなどのメンテナンス現場でパテ(下地処理)処理が行われています。パテ処理の硬化時間が長く、施工ロスがあります。短縮するために「硬化剤」などを加えて時短を図ります。しかし、パテ痩せなどが起こり時間ロスの解決になりません。開発された塗料とLEDの特殊波長により深い凹みキズでも瞬時(60秒以内)でもに硬化し、痩せがありません。体育館・自動車のボデーなど時間を短縮に最大の効果が実現し時間ロス・日数ロスによる問題と経費削減が見込まれます。 販売前のテスト施工を行って頂いています。多くの業種で使われるパテ技術に事前販売を行っています。

日本の開発技術 · 04日 3月 2020
2020:02:16朝日新聞「目指せ窓ガラスで発電」の記事が掲載されていました。記事内容は京都大化学研究所の坂本准教授の研究チームが太陽光を余すことなく利用するため、使われていない赤外線(全体の46%)にナノレベルの硫化銅を利用して太陽の赤外線から透明の発電技術を実現しています。 2002(平成14年)開発の熱交換塗料は多くの大学関係者から変換物質は考えられないと言われ現象を解明できないでいました。2016年電気工学の研究者によって「起電」現象が証明されました。 熱から他のエネルギーに変換することがさらに証明されました。

日本の開発技術 · 28日 12月 2019
経済報道番組(WBS)で紹介される「トレンドたまご」の2019年度の年間大賞に「マジックファイバー」が選ばれました。 8月末~の佐賀県集中豪雨災害で鉄工所の油槽から6万㍑(ドラム缶300本分)日本で過去最大の流出量で被害が拡大していました。 開発メーカーは資材をもって提供し佐賀県地域の要請により緊急支援物資として自衛隊によって埼玉岩槻工場から毎日追加搬送(178000枚を提供)大きな役割を果たしました。 油だけ(水を吸わない)繊維(マジックファイバー)は被害発生前の7月に新技術開発(トレンドたまご)として紹介されていました。

日本の開発技術 · 19日 11月 2019
一昨日「IPS細胞の政府支援打ち切り」のニュースに驚きました。何か問題があったのか?、失敗したのか?と思いました。

日本の開発技術 · 18日 11月 2019
メンテナンスの現場で下地処理にパテによる凹みや穴埋めの利用が求められます。 下地処理にプロの技術者の日程確保と乾かす時間ロス、強度の維持、幅広い素材に有効な技術が求められてきました。 体育館の床材や自動車の板金などプロの技術者も注目するUV硬化パテが日本の新技術となっています。

日本の開発技術 · 29日 10月 2019
ノーベル化学賞を受賞決定した吉野彰氏が1985年に開発した炭素を使ったリチュウムイオン二次電池は開発から45年急速に発展して社会の可能性を生み出しています。

日本の開発技術 · 19日 10月 2019
10月25日 東京モーターショー開催 トヨタ自動車が開発している水素と酸素による燃料電池車の量産車が発表されます。 ハイブリッド車の先駆者トヨタが手掛ける燃料電池車MIRAIが年間3万台 の計画・価格が発表されます。

日本の開発技術 · 18日 10月 2019
ベンチャー企業が新素材の開発に成功し、世界的な注目をあびている。6月のG20大阪サミットのエネルギー・環境部会で、プラスチックごみによる海洋汚染が問題になり世界各国が協調して早期改善が求められています。

日本の開発技術 · 02日 10月 2019
経済社会では油は欠かせない鉱物資源です。エネルギー燃料、潤滑油、化学繊維に変化し社会に溶け込んでいます。不要となったものは汚染物質として垂れ流され、滲みつきます。人は油の汚れの除去と戦ってきました。人に害のない中性洗浄剤が驚きの効果を発揮します。

さらに表示する