· 

自動運転技術で世界が注目するベンチャー企業

完全自動運転技術のソフト開発の未来

Googleが2009年に始めた自動運転技術の開発は10年を過ぎました。人間の目と頭脳を瞬時に判断し行動に移す「自動運転技術」には予期せぬ複雑な判断が伴います。徐々に自動運転レベル向上が見られますが100%信頼に至っていません。自動運転技術の開発には多くの情報を処理する技術開発と多額の費用を要します。IT企業、自動車メーカー大手にしか難しい開発を、日本のスタートアップ企業が開発した基本ソフトのオープンソース化によって多くの開発情報を得て修正を繰り返しレベルアップを短期間で開発を進めています。アメリカの毎年開かれる世界最大規模のテクノロジー見本市「CES]に出展し注目を集めている日本人です。日本でもマスコミに取り上げられているスタートアップ企業ティアフォー代表加藤真平(東京大学准教授)従業員300名の企業です。

自動運転技術 巨大IT企業に挑み世界から注目を集める40歳

世界最大のテクノロジー見本市(アメリカ・ラスベガス)で世界から注目を集める日本人として、各社民放、ネットで紹介されている日本人がいることを知りました。NHKの2023年1月10日放送紹介されたスタートアップ企業

ティアフォー代表加藤真平氏が紹介されました。トヨタなど世界トップ企業でも自動運転技術の開発のレベルアップを図り、公道テストも繰り返していますが人間の目と頭脳で瞬時に判断し手や足で危険を回避するシステムを完璧に対応する行動を制御する難しさ求められています。8年前に加藤真平准教授(当時名古屋大学)が開発したオープンソースのソフトを利用した人から賛同を得て会社を立ち上げた世界が注目する若き開発リーダーです。NHKの記事

日本メーカーの自動運転技術はどのレベル?