発展する大阪 ニュース

発展する大阪 2023 梅北2期工事
大阪梅北再開発2期工事 第一弾として2023年春大阪駅新駅が地下に開業します。大阪駅の一等地(梅田貨物操作場)に第一期グランフロント大阪開業(2013年春)に続き、第2期工事が進められています。関空、大阪都心、新大阪(新幹線)京都・神戸・奈良・和歌山などの関西圏の鉄道アクセスの拠点として大阪駅北側の地下駅に直結する駅を春開業します。来年には地上部分を公園とホテル・商業ビルの一部開業を目指します。2025年大阪・関西万博に併せて交通アクセスの拠点の一部で大阪のシンボル・エリアとなります。

淀屋橋ツインタワービル建設 始動
2022年「淀屋橋ツインタワービル建設 構想」が本格的着工を迎えました。淀屋橋界隈は全国の米相場(米市)仕切った豪商淀屋の商いの地、天下の台所と言われ大坂発展に寄与した地です。京都の往来に淀川を利用、日本全国の物資は北前船などで瀬戸内・大阪湾・日本海を往来して物流と商いをした場所です。 淀屋の地(淀屋橋)は江戸時代から現在に至るまで大阪の商いの中心地です。当時の御堂筋は幅6mで堺筋は歴史的に堺へ通じる主の道路であった。

大阪 中之島地区再開発が急ピッチで進む
大阪中之島地区はリーガロイヤルホテル、フェステイバルホール、国際会議場・大阪市役所・日本銀行大阪支店・中央公会堂など大阪社会経済の中心地の一つでしたがバブル経済の崩壊後の東京一極集中によって開発計画がとん挫しました。過去の一等地が駐車場として各地に放置され衰退する地区になっていました。復活の歩みは京阪電車の中之島線の開通(2008年)、朝日ビルの建て替え、国際会議場などは中の島を残していました。今、中之島復活再開発計画が急ピッチで進められています。

万博後の夢洲、中之島再開発計画、IRの行方
2025大阪・関西万博(2025年4月13日~10月13日)6ヶ月の開催に2800万人の入場者を予定しています。国・大阪府・市と財界の共催で世界イベントが開催されます。開催までに夢洲の土壌改良など市の財政費用が追加されています。交通アクセスはメトロ中央線の延長工事・夢洲駅は大阪市建設局が主体で大手ゼネコンのJVによって進められています。駅と連結する場所にメトロがタワービル建設計画を発表しています。万博会場建設は万博博覧会協会が主体となり3年間の建設ラッシュになります。当初計画よりもコロナの世界的蔓延と世界経済の停滞でIR誘致などの判断が先送りされ、関連の計画も縮小、延期、変更を余儀なくされています。 

梅北2期再開発 2024年夏 先行まち開き
大阪駅北側に「うめきた2期」開発が、2024年夏の開業に向けて急ピッチで開発工事が進められています。うめきたの地下にJR北梅田駅の線路とプラットホームの先行工事が進められ2023年春開業予定になっています。JRの京都・新大阪・関空などのアクセス第一弾が変わります。地上部は4.5ヘクタールの広大な都市公園とする、緑とイノベーション融合拠点が生まれようとしています。うめきた1期工事2013年4月開業から10年目、すでに多くの人が利用しています。

関空アクセス なにわ筋線 2031年開業予定
大阪駅北側の日本貨物鉄道梅田貨物操作場の吹田移転に伴い大規模な再開発計画を実行し第一期工事は2013年グランフロント大阪の開業で始まりました。第2期工事は旧貨物線を大阪駅北側の地下に迂回させJR東海道線のアクセスとして仮称梅北駅工事が着工されました。来春(2023年春)完成予定です。 新たな計画としてなにわ筋線の建設が2031年を目指して開発が進められます。大阪府・市が政府の支援を受けて関西国際空港へのアクセス改善を図ります。梅北駅は将来の大阪発展の大きな交通アクセスの基点となります。

近畿大学医学部・大学病院建設 2025年秋完成
コロナの影響で2025年秋完成予定に延期しました。(2022年10月15日)  大阪南部の泉北ニュータウン泉が丘地区に近畿大学医学部及び大学病院移転計画が2024年春完成予定(2025年秋に延期)で8年前から周辺整備計画工事が始まっています。泉北ニュータウン開発55年(1967年)大阪府・堺市と近畿大学が基本協定を締結、泉が丘地区のリニューアル計画が実行に移されています。地域住民との調整、公園整備コロナの影響もあり数年遅れの本格的な本体工事が始まりました。

梅北(大阪駅北側)2期工事 開発が進む
大阪駅北側(梅北)の開発二期工事が着々と進んでいます。旧大阪駅貨物操車場跡地で開発が進められている梅北の二期工事は緑化を取り入れた大阪発展のシンボルとなる都市開発です。3年後の2025年大阪・関西万博までに一部完成が予定されています。

大阪新今宮に都市型ホテルOMO7開業
大阪の未開の地新今宮に新たなランドマーク「OMO7(おもせぶん)大阪 by 星野リゾート」が開業しました。通天閣、アベノハルカスが望める地にありながら戦後復興、高度成長期の日雇い労働者の街「釜ヶ崎」が隣接する未開の地に希望のランドマークが開業しました。 大阪府の行政が未開の地「西成」の開発に乗り出し鉄道の要衝となるJR新今宮の地に星野リゾートホテルのを誘致計画で開発に乗り出しました。

コロナの第2波で社会経済活動の弊害が続いています。7月は梅雨期の集中豪雨で日本列島一級河川が各地で氾濫し大規模災害が起こりました。8月は全国的に35度を超える猛暑で熱中症など厳しい日々が続く中、マスクで感染を守る生活を余儀なくされています。多くの人は先を目指して歩むが厳しい環境が続いています。大阪は2025年に大阪・関西万博に向かって準備が進められ、応募の中からロゴも決まりました。安倍首相の突然の辞任ニュースで政権与党自民党が党首選任と国会で首班指名が行われ新たな内閣総理大臣が決まります。関西大阪は大阪都構想実現に向けた大きな行政改革を実現しようとしています。

さらに表示する