日本の復活 令和の改革

東証株価 史上最高値更新 バブル越え 
2月22日(木)東京株式市場の日経平均株価、バブル期の1989年12月29日につけた終値を超え史上最高値を更新、3万9098円68銭まで上昇しました。 日経平均株価がバブル絶頂期の水準を超えたことで、日本経済がバブル崩壊後、失われた30年(平成不況)の低迷期を本格的に脱することができるかが焦点となります。 株価の高騰は”半導体バブル”という実態なき社会とのギャップの差をどの様に埋めていくのか問われています。

日本の復活 令和の改革 日本経済のDXの推進
日本は諸外国から比べてデジタル化が遅れているとよく言われています。DXという文字が良く出てきます DXとは デジタルトランスフォーメーションの略「企業がビジネス環境の激しい変化に対応するために、デジタル技術を活用し、業務、組織、プロセス、企業文化・風土を変革し、新たなデジタル時代にも十分に勝ち残れるよう自社の競争力を高めること」を差します。 IT化は、情報技術(IT)を活用して業務プロセスなどを効率化することで、その視点は主に社内に向けられています。DXはITを含むデジタル技術を駆使してビジネスを変革し、新しい価値を生み出すこと、DXは「顧客や社会」に向けられています。 日本の復活と令和の改革は日本経済のDXの推進にあります。日本の産業を支えてきた経済産業省Webマガジンに令和の改革のヒントがあります。

岸田首相「経済!経済!」の所信表明が空しい
戦後75年、日本の経済社会は大きく変化しながら今日に至っています。団塊の世代の誕生から75年、大きく変わる社会の構図を振り返りながら、最新の社会経済を紐解いてみたいと思いました。日本の産業構造は大企業3%(従業員数30%)、中小企業97%(70%)の構成比率は賃金政策にも大きな乖離があります。自由主義圏の中にも対立と搾取の社会が存在します。国民が変革する社会にどのように対応するか常に問われています。バブル崩壊~平成不況30年~令和の改革へとつなぐ新たな道を叫ぶ岸田総理の所信表明「経済!経済!経済!」キーワードは空しい政治とカネの議論

日本製鉄 米国鉄鋼大手USスチール買収2兆円
日本の復活 令和の改革 · 19日 12月 2023
日本の鉄鋼産業は戦後復興、度成長期に日本の産業発展を牽引しましたが、新興国中国などの発展と共に世界トップ企業としての地位を明け渡してきました。しかし、日本の鉄鋼の技術力は新興国中国・韓国の鉄鋼メーカーを育ててきた歴史もあります。今も鉄鋼の技術は生き続け、自動車産業の鋼板などの先端技術を保有しています。日米同盟の中で、日本の鉄鋼メーカーである日本製鉄とアメリカ鉄鋼大手のUSスチールが合併し、日本製鉄傘下にUSスチールを組み込むことで、全米で生産されるEV自動車の鋼板などの生産を一元的に行う買収計画が発表されました。この合併により、粗鋼生産で世界3位の生産量を実現する予定です。

日本の半導体工場建設ラッシュと経済復活へ
日本の復活 令和の改革 · 24日 11月 2023
半導体不足は、新型コロナウイルスの感染拡大や自然災害の発生、そして需要の急増による供給面が追い付かない現象とさまざまな要因が重なり発生しました。半導体チップは自動車や家電品などにとって欠かすことのできない重要な部品で、全ての生産がストップすることで市場に大きな影響を及ぼします。自動車1台で半導体は50~100個使われ、1個でも欠けると生産ラインがストップします。昨年の冬の時期、中国で生産している給湯器が半導体不足で生産が止まってしまいました。半導体は過剰生産してもチップの価格変動が大きく、適正在庫の確保が難しく、価格変動は大きな製品で競争力が問われます。MicrosoftEdgeチャットで文面修正掲載

日本の平成不況30年、デフレからの脱却へ
日本は明治維新から150年、第二次世界大戦から75年、敗戦国として厳しい戦後復興・高度成長期をへて経済国家の復活を遂げました。鎖国・徳川封建社会から150年前、開国を掲げた志士たちによって明治維新の大改革へ突き進み、西欧に学び、近代化の道を歩み始めました。明治維新改革は今の日本社会を作りあげる基となっています。80年前、軍部の大きな判断の誤りによって第2次世界大戦が繰り広げられ1945年8月、広島・長崎に原子爆弾が投下され敗戦を迎えました。日本は焼け野原から、戦後復興が始まり、一億総動員で国民が高度成長を成し遂げ世界2位の経済国となり復活を遂げました。しかし、世界は1991年ソ連邦崩壊、中国の改革開放の混迷の中で日本は「バブル経済崩壊」を招き「平成不況30年」の成長無き社会が始まりました。新興国(台湾・中国・韓国など・・)の急成長により、低成長の平成経済30年を味わってきました。日本には明治維新から150年、脈々と受け継がれた改革の歴史があり、元号(令和)の中で復活の歩みが始まりました。

日の丸半導体 官民で復活のシナリオ
2021年度日本の半導体売上実績は世界の6%に凋落しています。日本の高度成長期ICチップ(集積回路)の生産は世界の50%を超えていました。開発の先進国アメリカは危機を感じて徹底した日本制裁(100%関税)を掛け、徐々に落ち始めバブル経済崩壊によってものづくり日本のシステム崩壊が始まりました。同時に成長する新興国によって安価な集積回路の生産が行われ競争力に敗れた日本の市場規模がどんどん小さくなりました。半導体市場は浮き沈みの厳しい産業の中で日本は競争に耐え切れず企業合併などを繰り返し対応しましたが徐々に市場から消えていきました。日本の復活のシナリオは風前の灯となって令和を迎えてた今、日本はものづくり復活を掛けた令和の改革・復活ののろしを上げる中で半導体を官民一体で再構築の実現に向けた歩みを始めました。

日の丸半導体をベースに令和の復活シナリオ
混沌とする世界情勢の中で日本は「令和の復活を目指す」叫ぶ声が響きます。しかし、新型コロナウイルスの蔓延、ロシアのウクライナ侵略戦争による世界的混乱が続き、世界規模の物価高の中で不透明感の中にいます。ウクライナの戦火の長期化と中ロ対欧米の中でG7議長国日本は厳しい対応が求められています。社会経済活動において地球温暖化による二酸化炭素削減が大きな課題として世界を今も支配しています。自動車のEV化・自動運転など、半導体不足と次世代半導体の技術・生産の革新競争が激化しています。日の丸半導体復活のチャンスが再来しています。

2023年3月期上場企業純利益 最高水準!
2023年3月期上場企業の決算が出揃い各社決算発表が行われています。3年に及ぶコロナ禍の収束が見え、ロシアのウクライナ侵略戦争による対立とエネルギー資源の高騰など世界物価高の中で、欧米の金利引き上げ政策による日本の円安を追い風に最終純利益が過去最高水準を企業が示し、日本の誇る大手総合商社は資源高・円安など大きな影響を受け大幅増益を生み出しています。さらにコロナ禍の影響で航空・運輸・観光業は漸く明るさが見えてきた状況にあります。厳しい世界情勢の中で日本は更なる競争力を強め、世界3位の経済大国復活の気運を中小企業に及ぶことを期待します。

コロナ禍を乗り越え社会の変化に挑む
2020年1月20日中国で新型コロナウイルスが発生、ウイルスは一気に世界に広がり混乱と恐怖に陥りました。未知のウイルスに世界各国は対応を迫られ、世界規模で人流移動が制限され、各国・各地で医療崩壊・都市封鎖が起こり社会経済活動は制限され続けました。しかし、変異株によって感染拡大が繰り返され人々の社会経済活動が疲弊する中、ワクチンが急ピッチで開発され接種が始まりました。日本は3年間の苦しみの中で漸く自然免疫+ワクチンが浸透し第8波の感染者数の減少が日々報告され、感染対策の制限が徐々に解除されました。第8波の感染者数最大25万人→6730人に大きく減少、日本は新たな転換点となり成長へと力強く歩む新年度を迎えました。感染の縮小、マイナンバーカードの普及、海外からの観光客、日本経済・産業の復活を目指して期待が膨らみます。がんばろー日本!

さらに表示する