ニュース(世界)

台湾総統選挙 民進党 頼清徳氏勝利
ニュース(世界) · 15日 1月 2024
台湾総統選挙で、民進党の頼清徳氏が再選されました。しかし、立法院選挙では民進党が過半数を失い、国民党が第一党になりました。これは、中国との関係に影響を与える可能性があります。頼清徳氏は、米国・欧州・日本などの民主主義国家との連携を強化し、中国共産党の干渉に対抗する姿勢を示しています。一方、国民党は、中国との経済的な結びつきを重視し、対話を求めています。台湾の人々は、自由と安全を求めていますが、中国の経済・武力の圧力に直面しています。台湾の未来は、中・台間の紛争が回避できるかどうかにかかっています。

APEC 米中・日中首脳 1年ぶりの会談
ニュース(世界) · 16日 11月 2023
米中・日中首脳会談:2023年11月16日早朝に、アメリカのバイデン大統領と中国の習近平国家主席が1年ぶりに首脳会談を行いました。両国の対立が深まる中、不測の事態が衝突へと発展しないよう、軍どうしが連絡をとりあえる環境を築けるかが焦点でした。この記事はNHKの記事を参照

イスラエルとハマスの戦闘は世界を揺さぶる
ニュース(世界) · 25日 10月 2023
2023年10月7日、パレスチナの武装組織ハマスがイスラエルに対して大規模な攻撃を開始しました。ガザ地区から発射された約5000発のロケット弾がイスラエル各地に着弾し、多数の死傷者や被害が出ました1。また、ハマス戦闘員がガザとイスラエルの境界壁を突破してイスラエル側に侵入し、住民や兵士を殺害したり人質に取ったりしました2。イスラエル当局は、人質の数は約220人と推定しています3。 イスラエルは即座に反撃に出て、ガザ地区への空爆や地上作戦を展開しました。イスラエル軍は、ハマスの指導者や武器庫などを標的にして爆撃を繰り返し、ガザ地区で多くの建物が破壊され、住民が死傷しました4。イスラエル軍はまた、ハマス戦闘員と交戦しながら、人質の救出作戦も行いました。 MicrosoftEdgeチャットで掲載修正

イスラエルに「ハマス」が大規模攻撃
ニュース(世界) · 11日 10月 2023
10月7日、パレスチナ暫定自治区のガザ地区を実効支配するイスラム組織ハマスが突如、イスラエルへの攻撃を開始。イスラエル側も激しい空爆で応酬し、これまでに双方の死者は1600人以上にのぼっています。(10日時点) 「これはイスラエルにとっての9.11だ」イスラエル側がアメリカで起きた同時多発テロになぞらえて語った今回の軍事衝突。 何が起きているのか?なぜ、ハマスは攻撃に踏み切ったのか?戦線の拡大は? NHKニュース記事

国連事務総長 地球温暖化➾沸騰化の時代へ
ニュース(世界) · 30日 7月 2023
世界気象機関(WMO)と欧州連合(EU)の気象情報機関「コペルニクス気候変動サービス」は27日、今年7月が観測史上最も暑い月となる可能性が「極めて高い」と発表した。これを受け、グテーレス国連事務総長は「地球温暖化の時代は終わり、地球沸騰化の時代が来た」と警告。各国や企業に対し、温暖化対策を加速させるよう訴えた。G20議長国インドモデイ首相はロシアのプーチン大統領に「今は戦争している時ではない」と説いた。

G7広島サミット閉幕 核なき世界へ
ニュース(世界) · 22日 5月 2023
5月19日~21日、厳しい日程の中でG7メンバー及びグローバルサウス8カ国を招待、戦争当時国ウクライナゼレンスキー大統領を広島に招いて分刻みの日程を議長国岸田首相がこなしました。世界の要人を迎え厳しい厳戒態勢の中で「広島ビジョン」とりまとめ無事終えることが出来ました。2023年議長国日本は議論した内容を踏まえ実行に移すことになります。

2023 G7 広島サミット 5.19➾5.21
ニュース(世界) · 08日 5月 2023
GWゴールデンウイーク期間明け、コロナ対応5類(インフルエンザと同等)移行を本日(5月8日)迎えました。3年間のパンデミックによる閉塞された世界が幅広く緩和され暗く長いトンネルから抜け出し光り輝く日常を迎えました。混乱する世界情勢の中で「2023 G7 広島サミット 5.19➾5.21」が開催されます。

トルコ南部巨大地震発生 犠牲者増え続ける
ニュース(世界) · 13日 2月 2023
2023年2月6日早朝、トルコ南部で強い地震がありました。2度のM7.8の巨大地震で多数の建物が倒壊し、隣国シリアにも及び犠牲者が増え続けています。震源地トルコは過去にも巨大地震が繰り返される複雑な地域でアナトリアプレートの地形の上にあり、巨大断層帯に囲まれています。千~2千年規模の巨大地震に見舞われ多くの建物が崩壊しトルコとシリアで3万人を超す犠牲者に及ぶ中懸命に救助活動が続けられています。

習体制3期目始動「ゼロコロナ政策」大転換
ニュース(世界) · 27日 12月 2022
習近平氏が3期目(共産党大会)続投が示される中、2022年度を迎えました。中国発の新型コロナウイルスは変異株を繰り返し本年の第6波~感染力の強いオミクロン株が主流に置き換わり感染者数が世界で格段に増加しました。新型コロナウイルスによって世界の社会経済活動はズタズタに壊されてきました。一方で感染対策とワクチン接種を繰り返し乗り越える中、WHO(世界保健機関)各国の医療関係はオミクロン株は感染力が強いが重症化率が低いと判断し、コロナとの共存の道を歩み始めました。日本も10月12日~日本国内の行動制限を解除し、海外からの入国も基本的に全面解除の方針を打ち出しました。しかし、中国は5月のWHOの懸念も聞き入れず「ゼロコロナ政策」成功の証として頑なに維持することを選択しました。全人代も終わり習近平政権3期目が始まった12月新疆地区での火災による死者は感染対策の閉鎖によって救出が遅れて死者を出したと抗議の集会が散発的に中国各地で白紙の紙を掲げるデモに発展、”ゼロコロナ政策をやめろ、習近平退陣せよ”と叫びデモが世界各地にも広がり12月7日中国保健局がコロナ対策の緩和を発表して落ち着きを取り戻した。

台湾地方選 国民党勝利、蔡英文党主席辞意
ニュース(世界) · 27日 11月 2022
今、世界で注視されている国はロシアに侵略を受けている東欧のウクライナ、東アジアの台湾は中国の軍事圧力によって自治が侵されていると主張し、専制主義国家と自由主義国家間との厳しい対立が続けられています。ウクライナのロシア侵略によってさらに対立が厳しくなっています。台湾政党は大陸を支配していた国民党は中国の内戦で中国共産党に追われ党籍を台湾に移した国民党があり、今台湾を率いている蔡英文総統は台湾でできた政党民進党です。今回の地方党首選挙は最大野党の国民党の支持が圧倒して勝利しています。台湾選挙は2020年の総統選挙で香港民主化運動に対する中国の国家安全法による徹底した締め付けに台湾国民は大きな懸念を示し絶対多数で蔡英文が選ばれました。一方で対立する最大野党国民党も民主主義を主張しながら大国中国と連携する方針を掲げています。

さらに表示する